当初合意の成果物などが変わるのが変更

プロジェクトマネジメントを進めていく中で、適正かつ迅速な対応を求められるのが変更管理。そもそも変更とは、どのようなケースを指すのか案外明確になっていないところがあります。状況判断次第では変更としないで済む場合もあるでしょう。逆に変更せざるを得ないケースもでてきます。例えば発注者の要求ともなる与件に対しての相違は許されません。しかもその落差が制作を進めるうちに表面化してくることもあれば、当初からの読み間違いなどに起因してわかってきたなど、各種ケースが考えられます。さらにその影響範囲が一部で収まる変更もあれば、広範囲に及んでしまうことも考えられます。いずれにしてもWeb制作プロジェクトなどでは、要件定義でうたわれた成果物や与件変わってしまうことをもってして変更と定義付けされているのが一般的と言えるでしょう。